お見積もり・お問い合わせはこちら

研究室ホームページ作成ならお任せください

弊社は大学や研究所等の研究室ホームページの作成を得意としておりまして、数多くの納入実績がございます。価格も単純明快でリーズナブル(オプションが必要無ければ10ページで総額30万円(税抜))になっておりますので、是非一度ご検討ください。

研究室ホームページ作成サービスの特徴

10ページで30万円(税抜)の安心価格

不明瞭な料金はいただきません。半数以上のお客様は基本料金のみのご請求です。
※JavaScriptやフォーム等は追加料金が必要です。

様々な研究機関・各種専門分野への納入実績

研究室・学科・学部・学会や研究プロジェクト等に多数の納入実績がございます。

更新しやすいシンプルな構造のサイトを制作

納入後のお客様ご自身での更新作業も無期限・無償でサポートします。

大学などの研究費・科研費でのお支払いに対応

請求書による後払いが可能です。専門担当者が責任を持って対応します。

オリジナルのデザイン案を2パターンご提案

ご要望通りに制作した2つの案からお選び頂き、ご納得頂けるまで細部を修正します。

納入後1か月間は無料で修正対応

弊社のミスによる修正があった場合は1か月ではなく無期限で無償修正します。

タイトル画像やナビゲーション画像は納品後も無料修正

所属の変更や組織名の変更の際は、納品後もタイトル画像を無料で修正致します。

メールのやり取りだけで完結

ご研究でお忙しい先生に配慮しまして、ご要望が無い限りこちらからお電話は致しません。8割以上のお客様はメールのやり取りのみで全てが完結しています。(なお、ご訪問は一切しておりません。)

なぜ研究室のホームページが重要なのか

研究室のホームページはいわば研究室の顔と言っても過言ではありません。研究成果のアウトリーチ活動としての機能の他に、優秀な学生さんを集めることにもホームページは大きな威力を発揮します。多くの研究室ではウェブにちょっと詳しい院生さんやアシスタントの方にホームページの制作・運営を全て任せているケースが多いと思います。失礼を承知の上で申し上げると、明らかに素人が作ったサイトとプロが作ったサイトでは、やはり受ける印象は大きく変わります。デザインが綺麗なウェブサイトであれば、「研究資金が豊富で不自由なく研究ができそう」「先生のセンスが良さそう」といった良い印象を受けるのではないでしょうか。もちろん、研究室の配属を決める最終的な要因は研究内容、および研究室の雰囲気や教員の先生個人の印象ではありますが、ウェブサイトでの印象が悪いと、そもそも研究室を訪問してみようという気も起こらないかもしれません。「ホームページにお金をかけるなんてもったいない」とお考えの先生もいらっしゃるかと思いますが、院生さんにウェブサイトの作成を一から任せた場合、その苦労や大切な時間を奪ってしまうことの損失は計り知れません。最初の制作だけでもプロに任せることをお考えになってみてはいかがでしょうか。

研究室ホームページの納品後の更新について

研究室のホームページ作成を業者に依頼する際に最も心配される点として、納品後の更新や修正作業があると思います。弊社では納品後もお客様ご自身にて更新や修正作業がしやすいよう、HTMLソースがシンプルなものを制作しておりますので、Adobe Dreamweaverやホームページビルダーなどのソフトを用いて編集が可能です。また、基本的なHTMLをご存知であれば、そういったウェブサイト作成ソフトを用いなくても、テキストエディタで編集いただくことが可能です。さらに弊社では、納品後も無期限・無償で技術的なサポートを行っておりますので、安心してご依頼いただけますと幸いです。

もし更新作業がご面倒でしたら、弊社にて更新作業を承ることも可能です。他社に比べて安価なプランをご用意しておりますので(年間12万円(税抜)から)、宜しければご検討くださいませ。

参考リンク

上に戻る