第21回日本神経感染症学会総会・学術大会で天野永一朗先生が最優秀口演賞を受賞

大学医員の天野永一朗先生(現土浦協同病院)は、三條先生などの指導のもと第21

日本神経感染症学会総会・学術大会において「免疫不全症およびParvovirus B19感染

症を背景に脳炎を発症した48歳女性例」の症例報告を発表して、見事に症例報告部門

の最優秀口演賞を受賞されました。

本発表は遅発性の免疫不全症を背景に、Parvovirus B19の持続感染と感染後の繰り返

Parvovirus B19脳炎を発症した症例です。遅発性の免疫不全症に脳炎を合併した初

の成人例であり、フローサイトメトリーで脾臓での血中抗原提示の障害が想定される

など、病態の機序を考察しました。天野先生の受賞を神経内科同門の皆でお祝いをし

てその栄誉を称えたいと思います。

 

横田隆徳

 

天野永一朗先生 授与式

 

コメントは受け付けていません。