厚労省渡辺班 平成24年第1回班会議盛大に終了

厚生労働省難治性疾患克服研究事業<難治性炎症性腸管障害に関する調査研究>

(研究代表者 渡辺 守教授)、平成24年第1回班会議が7月26日27日と二日間にわたりが東京にて行われました。のべ336名の国内のほぼ全ての専門家が集まり活気のある議論が繰り広げられました。

写真は『潰瘍性大腸炎、クローン病診断基準治療指針』

厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班(渡辺班);平成23年度分担研究報告書別冊より